宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年03月16日

第7勝栄丸の冷凍餌料積込み


昨年8月の起工式から10月の船台搭載、そして12月の注水・浮上を経て、新潟造船での新船建造が順調に行われている勝倉漁業の新船「第127勝栄丸」の命名・進水式が先日行われて、関係者の方々と一緒にお祝いしてきました。 たくさんのお祝いメッセージや大漁旗を頂戴し本当に有難うございました クラッカー

命名・進水式のあとにおこなわれた直会では新潟造船の役職員の皆さんも一緒に和やかな会食のひと時。 お昼時にすべての予定を終えてすぐに新幹線を乗り継いで清水港に移動。 翌週におこなわれる第1勝栄丸の冷凍マグロ類の値段交渉に臨むことに。 先週末から予定がぎっしりです タイ

今年度最後となる勝栄丸の漁獲物の販売なので、今期一年間のお取引きの御礼を兼ねての商談でした。 また来期も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。 水揚げの時にもまたお世話になりますね 船

高知での竣工披露、新潟での127勝栄丸の進水式、そして清水でのマグロ類の値決めを終えて約一週間ぶりに気仙沼に戻ってすぐ、出港を間近に控える第7勝栄丸の冷凍餌料の積込み作業に立ち会いました。 私たちが出張中のあいだも漁具・資材などの積込みや船内片付けなどご苦労様でした 親指

朝8時作業開始とのアナウンスをしていましたが、いつも通り7時半には積込開始となって。 勝栄丸に冷凍餌料を供給する業者が手配したトラックから、イワシやイカ、ムロアジなど数種類の冷凍餌がパレット積みされフォークリフトできれいに陳列。 皆さんはいったい何時から作業されているのでしょうか camera

一時間に約2000ケース超のペースで漁艙内に積込まれる冷凍餌料。 陸側で対応する方々や漁艙内の積付作業をおこなう作業員の方々も手慣れたもので、気仙沼の餌積み作業は本当に早い ちからこぶ

お昼頃には全ての作業を終えアンテナワイヤーを張って大漁旗を掲揚する竹を準備。 朝方は大雪となった気仙沼ですが、作業を終える頃にはすごくいい天候に。 あとは出港を待つばかりとなりました face02
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:35

削除
第7勝栄丸の冷凍餌料積込み