宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年03月31日

第7勝栄丸がバリ島に寄港

第7勝栄丸がバリ島に寄港
東京そして清水港でのお仕事を終えて、そのままの荷物とともに成田空港からガルーダインドネシア航空の直行便でデンパサールに到着しました。 雨季のためかものすごくむし暑いバリ島です 晴れ

先日、大勢の皆さんのお見送りを受けて新たな航海へと気仙沼を出港した勝倉漁業の第7勝栄丸は、太平洋からインド洋へと順調な航行を続け、約12昼夜の航程でベノア港に無事到着です 花丸

これからの南インド洋そしてアフリカ周辺でのマグロ漁に備えて、ここバリ島で燃料や食料などの補給をおこなうんです。 もちろんインドネシア船員も乗船準備を整えてスタンバイしてました 親指

早朝に16チャンネルで本船に呼びかけると、沖合の錨地にすでに到着とのことで、さっそくパイロットステーションに連絡し水先案内を依頼。 朝7時過ぎにゆっくりとベノア港に見えてきた本船が現地代理店の作業艇のサポートを受けながら慎重に着岸。 岸壁で現地スタッフとともに本船を出迎えました camera

ちょうどこの日は、海上警察のセレモニーのため岸壁での作業が午後から開始となり、お昼過ぎにパイプラインからの燃料供給開始。 並行して事前に手配していた食料類のトラックからの積込み作業。 30℃以上の猛暑の中、汗だくになりながらの補給作業となり、乗組員の皆さん本当にお疲れ様です 船

漁労機械や航海計器、通信環境などをひとつひとつ確認して全て問題なしでしたが、一部の配管に腐食が見つかったので現地の業者に修理を依頼。 間に合うかなと思ったけど数時間で仕上げてくるんだからバリ島の鉄工所もまんざらでもない。 新しい配管に防錆の塗装を施して作業終了でした いかり

今回の第7勝栄丸のバリ島寄港は一泊のみ。 本船には資源調査目的の科学オブザーバーも乗船し、数か月間にわたり操業に立ち会いながら調査記録をつけていきます。 本船の乗組員の皆さんもオブザーバー乗船調査に対しご協力の程よろしくお願いします。 猛暑の中での補給お疲れ様でした face02
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:43

削除
第7勝栄丸がバリ島に寄港