宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年06月23日

祝! さんま漁船・第108欣栄丸進水

祝! さんま漁船・第108欣栄丸進水
例年だと毎年8月下旬から解禁となる大型さんま棒受け網漁船によるサンマ漁ですが、諸情勢をうけて今年から漁の開始日を前倒しして、5月から公海漁場でのサンマ漁が開始となっています 船

これまでは日本国内での漁獲量管理だけですんでいたものが、近年は台湾や中国などの漁船によるサンマの漁獲が急増し、公海上では数えきれないくらいの外国漁船によるサンマ資源の争奪戦が繰り広げられています。 北太平洋漁業委員会(NPFC)が発足しサンマ資源全体を管理しはじめました タイ

それでも、北太平洋全体としてのサンマ漁獲量の多さに危機感を感じる日本が適切な資源管理を主張する一方、サンマ資源は無尽蔵であって、2年魚のサンマ資源をいくら獲っても問題ないとする外国勢との主張が食い違って、いまだに全体的な漁獲量や国別配分なんかも合意に至っていません ブック

混乱を見せるNPFCをよそ眼に、外国勢は漁獲量を年々のばし続けていて、過去実績や漁獲能力などが漁獲配分に大きく影響を及ぼす国際機関での交渉を有利に進めようとしている事態に。 日本としてもこの状況を受けてのサンマ周年操業解禁となったと思いますが、ぜひ成功してほしいですね icon14

今季8月のサンマ出漁を目指してみらい造船吉田工場で建造が進められてきた岩手県釜石市の幸栄漁業(株)が発注した第108欣栄丸が進水式を迎え、大勢の関係者を招いての式典が開催されました クラッカー

4つの造船所が合併したみらい造船で、吉田工場としての最後となる第588番船。 これから7月末の竣工・引渡しに向けて急ピッチで艤装工事が進められていきます。 最新鋭の大型さんま棒受け網漁船・第108欣栄丸さんの進水、誠におめでとうございます。 素晴らしい船が出来上がりつつありますね 花丸

祝賀会の挨拶の中で、日本一の漁業会社になるとの強い気持ちでここまでやってきたとの濱川社長さん。 今後は遠洋まぐろ延縄漁船とサンマ漁船という二つの事業を軸にその目標を達成したいとのお言葉がありました。 これからもいろいろとお世話になりますが、引き続きどうぞ宜しくお願いします 音符

大型さんま棒受け網漁船・第108欣栄丸さんの進水そして祝賀会、本当におめでとうございました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:52

削除
祝! さんま漁船・第108欣栄丸進水