宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年08月30日

23年連続生鮮かつお日本一へ

23年連続生鮮かつお日本一へ
8月末になって、日中はまだ暑い日もあるけれど、朝晩はほんと涼しい肌寒いほどの気温となって、過ごしやすい秋の気候になってきた気仙沼です。 ようやく先日までの猛暑から解放されましたね もみじ

今年は生鮮かつおの水揚げ時期が大幅に遅れて6月まではほとんど水揚げがなく、関係者みんなで今年はどうなっちゃうんだろうと心配しましたが、7月に入ると順調にカツオ船や旋網船の入港と水揚げが連日続いてほっと一安心。 これから本格化する大型船による生鮮サンマの水揚げにも期待です 船

大幅に遅れて始まった生鮮かつおの水揚げ量も、7月8月の合計で約1万トンに達した模様で、ほぼ同じ水準の水揚げ量となっている千葉県勝浦港を月末には追い抜いて、国内トップに立つとの報道です クラッカー

気仙沼を基地にカツオ漁をおこなっている各船のお盆休み・夏季休暇もほぼ終わって、全船での操業体制となる9月なので、さらに大幅な数量の上積みを期待しています。 航海安全と大漁を祈ります タイ

8月後半に夏季休暇をとった佐賀明神丸船団も、83佐賀明神丸は一昨日気仙沼を出港してすでに操業体制にすでに入っていて、88佐賀明神丸はきょう気仙沼から出漁する予定。 11佐賀明神丸は勝浦港を中心に操業していて、23佐賀明神丸は夏季休暇のため高知県・黒潮町に帰港中との情報 親指

お盆前後にはいったん漁模様が薄くなった三陸沖漁場ですが、ここにきて漁場によっては大きな漁獲もみられるので、今年は比較的遅い時期まで釣らせてもらえるのではないかと、つい期待しちゃいます キラキラ

23年連続生鮮かつお水揚げ日本一がほぼ確実な状況になってきましたが、連続日本一だけではなく、前年並みの19,000トン水準を超える実績を目指して、秋の戻りガツオシーズンも頑張っていきたいと思いますので、関係者の皆さまには引き続きどうぞ宜しくお願いします。 23年連続日本一、朗報ですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:51

削除
23年連続生鮮かつお日本一へ