宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年11月19日

みしおね横丁のBAR「PRIZM」さんで

みしおね横丁のBAR「PRIZM」さんで
週末は低気圧の影響で天気はいいもののものすごい強風が吹き荒れた気仙沼です。 この強風でせっかく色づいた紅葉の木々も散ってしまい、冬の景色になっていくんですかね。 寒さも厳しいです もみじ

先週半ばからの時化続きの為に出漁できず、気仙沼港に係船し続けてきた大型さんま漁船団は、船団会議の話し合いを経て17日(日)には出漁となり、今週初めからの水揚げにも期待したいところです 親指

あと残されたサンマシーズンもだいぶ少なくなってきたので、各船にはくれぐれも安全航海に気を付けて頑張ってほしいですね。 前半戦の不振を挽回するような漁獲の上積みを期待しています 船

そして今週は大西洋でのマグロ類の管理を決めるICCAT(大西洋まぐろ類保存国際委員会)の第21回会合が、スペインのパルマ・デ・マヨルカでおこなわれていて、日本の業界関係者等が多数参加 ブック

いったんはその資源水準を大きく減らした大西洋クロマグロですが、ICCATにおいて厳格な資源管理を導入し、漁獲枠を大きく引き下げて、関係国がしっかりとルールを守りながら漁業活動をおこなってきた結果、大西洋クロマグロの資源はV字回復して、漁獲量を年々増やせるところとなってきました タイ

今年と来年のICCATで協議される最大の議案は、2021年からの3年間における大西洋クロマグロの漁獲量そして国別配分を決める事ですね。 日本代表団には有利な決定がなされるように、日本の主張をしっかりと行いながら、頑張ってきてほしいと思います。 水産庁の皆さん宜しくお願いします 花丸

そんなこんなのお話をしながら、みしおね横丁のBAR「PRIZM」さんで情報交換を兼ねてのランチミーティング。 れんこんのキーマカレーは、香辛料の辛さがすごく爽やかなとっても美味しいメニューでした。 食後にはコーヒーも頂きながら、昨今のさまざまな動きについてゆっくりとお話ができて良かったです face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:16

削除
みしおね横丁のBAR「PRIZM」さんで