宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年01月15日

マグロの値決め前に末廣のちらし

マグロの値決め前に末廣のちらし
成人の日を含む週末からの連休中には、きのう勝栄丸ブログでもお伝えしたように、唐桑半島の御崎神社の例大祭に出席して、勝栄丸各船の航海安全と大漁、商売繁盛と家内安全などを祈ってきました タイ

御崎神社でも、県内の多くの神社でも、14日には「どんと祭」が行われ、その御神火にあたりながら一年の無病息災などを祈る小正月の恒例行事ですね。 仙台の大崎八幡宮の裸参りが最も有名です 花丸

古いお札やお守り、お正月飾りなどを御崎神社に持参して、どんと祭が行われる会場の指定された場所にお納めして。 まだ火は入っていないものの、一年間の無病息災などをお祈りしてきました ハッピ

御崎神社での神事を終えて、今週に入港する123勝栄丸を迎えるべく、水揚げ基地の静岡県清水港に移動してきました。 暖冬なのか、気仙沼でも例年よりも暖かい日が多い新年ですが、ここ清水では気仙沼よりも10℃くらい気温が高いんじゃないかと思われるような、まるで春のような天候です sakura

まもなく清水に帰港する123勝栄丸が、インド洋で漁獲したミナミマグロやメバチマグロなど、漁艙に満載してある漁獲物を、この航海の漁獲明細などのデータや相場推移をもとに価格を決めていく交渉が行われます。 今年最初のマグロの取り引きとなるので、気合を入れて値決め交渉に臨みたいと思います 船

商談の前にまずはいつものルーティン、マグロを食べましょうっていうことで、清水の名店「末廣鮨」のちらし寿司を出前でとって、東京豊洲市場の荷受会社・第一水産の担当者とともにいただきました 親指

消費増税のあと100円の値上げにましたが、それでもコスパは最高の末廣のちらし。 歩いて10分ほどの清水港河岸の市で食事をしてもよかったんですが、昼からの商談に備えて食べながらの打ち合わせ。 新年早々の清水港で、お気に入りの末廣のちらしを頂いて、やっぱ最高に美味かったです camera

今週は清水港にて、123勝栄丸の入港や水揚げへの対応など忙しい毎日となりますが、関係者の皆さん本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さあ、ちらし寿司を食べて値段交渉に向かうとしますか face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:30

削除
マグロの値決め前に末廣のちらし