宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年04月17日

第127勝栄丸のクロマグロ水揚げ

第127勝栄丸のクロマグロ水揚げ
桜前線が北上するなか、新型コロナウィルスの感染拡大を警戒して、三陸道から東北自動車そして首都高から東名高速と会社の車での長距離の移動に切り替えて、静岡県の清水港まで出張してきました 音符

ここ清水ではもうすでに桜が散り始めていて、お花見するにはもうピークを過ぎちゃっているけれど、それでも華やいだ雰囲気の暖かな陽気で、まさに水揚げ日和って言っていいほどの天候ですね sakura

昨年の夏場からマグロの水揚げが遅れ加減のところに今回の新型コロナウィルスの影響が出てきたもんだから、冷凍運搬船の入港から3か月以上も待っての勝栄丸の水揚げの順番になって 船

冷凍運搬船「CHIKUMA」に、大西洋の基地港カーボベルデ共和国のミンデロ港にて転載した新造船第127勝栄丸の漁獲物。 新船初航海での最初のロットなので、その品質などに注目が集まります 親指

中部大西洋でのメバチマグロ、北大西洋アイルランド沖での旬のクロマグロなど。 運搬船の漁艙から次々と荷捌き台に運ばれるマグロ類を、一本づつ選別包丁で品質を確認しながら水揚げが進んでいきます。 水産庁の清水駐在官もクロマグロの数量の確認のため本船の水揚げに張り付いてます camera

大西洋のマグロ資源を管理するICCATにおいて、これまで厳格な資源管理をおこなってきて、各加盟国ともにその規制措置をしっかりと遵守しているから、クロマグロの資源状態は至極良好なところとなっていて、日本漁船のクロマグロ漁も毎年順調に行われている。 最高品質のクロマグロだと思います 花丸

冷凍運搬船の荷役の遅れによって、計画とは大きく違ったところとなってしまいましたが、ひとまずはクロマグロの水揚げが無事終わってホッとしました。 次の第7勝栄丸の水揚げでも宜しくお願いします face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:08

削除
第127勝栄丸のクロマグロ水揚げ