宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月13日

88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!

88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!
東北地方の南部まで梅雨入り宣言があった今週。 6月に入って毎日暑い日が続いている気仙沼ですが、これに梅雨時期の湿気が加わってくると体感気温もあがりマスクをするのもきつくなってくる 晴れ

風通しの良い屋外においてはマスクをしなくてもいいっていう指導もあったから、熱中症に十分注意しながら魚市場などでの作業にあたりたいと思います。 感染予防対策は守りつつも臨機応変にね 親指

今年は5月中旬から生鮮かつお一本釣り漁船によるびんちょうの水揚げが一気に本番を迎えた気仙沼港。 今週もたくさんの水揚げで賑わいを見せました。 そろそろカツオかなって思ってたところへ今季はじめてまとまった数量のカツオが水揚げされました。 まさに今季の初ガツオの水揚げでした クラッカー

88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!
88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!
88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!
勝倉漁業の問屋部門で気仙沼入港をお世話する高知県の第88佐賀明神丸さんが、カツオやメバチ、びんちょうなど合計71トンを釣っての入港。 内、生鮮かつおは7.8トンと今季いちばんの数量です 花丸

びんちょうに混じって数尾程度のカツオの水揚げはこれまでもあったものの、自動選別機を稼働させるくらいのカツオの水揚げは今季初。 関係者が待ちに待ったカツオの水揚げだけに、入港1時間前の午前5時くらいからテレビ局や新聞社の取材陣も集まって、入港するやすぐに取材が始まりました 音符

3㎏以上の「大」や4㎏以上の「特大」が中心サイズ。 カツオの水揚げが始まると市場内がさらに活気づきますね。 入札への参加者の数もこれまでの倍以上かな。 大漁おめでとうございます! 船

船頭さんや乗組員の皆さんも、びんちょうに加えて思いがけないカツオの大漁に笑顔いっぱいの水揚げ作業現場。 生鮮かつおの初水揚げで、これからの更なる水揚量の増加も期待したいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:49

削除
88佐賀明神丸が今季初のかつお水揚げ!