宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年08月07日

佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ

佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ
7月の長い梅雨寒からいっきに真夏の陽気となった気仙沼。 気仙沼で二人目三人目の新型コロナ新規感染者が確認されてちょっとざわつきましたが、感染防止対策をしっかりと対応していきましょう icon12

お隣の岩手県でも立て続けに4人の感染者が出て、報道などによると誹謗中傷がすさまじいことになっているとか。 SNSなどを通じてそうした方々の個人情報などを発信したりするのは言語道断です。 思いやる気持ちが大切ですので、気仙沼のケースについても冷静に見守っていきたいと思います タイ

いま気仙沼を基地にして操業するカツオ船団などで話が出てきているのが、夏休みなどでの帰省時の新型コロナ対策。 全国から乗船している船が多い中で、いったん帰省し休暇を過ごしたあとで復船する時の対応をどうするか。 各船の船頭さんたちも情報収集に努めているような今週の動きでした 船 

佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ
佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ
週末前のタイミングで気仙沼にそろって入港した第88佐賀明神丸と第83佐賀明神丸。 このところはカツオの群れも薄く、あっても餌への食いつきが悪い中で、まとまった数量を水揚げして頂きました クラッカー

とくに83佐賀明神丸が前日に漁獲した「新口」約6トンは、特大サイズ中心の素晴らしい魚体。 気仙沼魚市場の仲買人さんも気合を入れた買い付けで、新口の平均単価は1㎏940円ほどでの落札でした 花丸

今年のカツオはこれまでもお伝えしてきたように6~8㎏の特大サイズか、1~1.5㎏の小サイズの構成と、例年メインとなる2~4㎏の中間サイズが抜けている組成。 今後の漁模様に期待したいです 親指

例年ならば佐賀明神丸各船はお盆明けには夏季休暇をとるので、新型コロナの感染対策を万全に休暇を過ごして頂きたいもの。 それまでもう少しのあいだはカツオ漁を継続していくので、今回の新口のような素晴らしいカツオをたくさん釣ってきてくれることを期待して待ちたいと思います。 頑張ってください face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:26

削除
佐賀明神丸が二隻揃って気仙沼へ