宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年09月23日

台風12号を警戒しつつのカツオ漁

台風12号を警戒しつつのカツオ漁
台風12号が日本列島に近づきつつあるのが影響してか、どんよりと曇って時折雨模様となっている連休明けの気仙沼です。 きのうの秋分の日は気仙沼魚市場は開市での入港船の水揚げ対応でした 音符

連休明けだったこともあって、一本釣り船と旋網船の合計で生鮮かつおが450トン以上と、今季最もまとまった数量となり、通常は水揚げラインを5隻体制で同時に水揚げを行うところ、特別に6隻体制での水揚げとし、魚市場の荷捌き場にはカツオの入った500㎏タンクがずらりと並ぶ活気ある光景でした クラッカー

沖合いの大きなカツオの割合が少なくなってきて、1.8㎏以下の「小」中心の小ぶりなカツオの割合が依然多く、それでも少しづつ脂ののりも見え始めて、戻りガツオへの期待も持たせてくれているかのよう 親指

台風12号を警戒しつつのカツオ漁台風12号を警戒しつつのカツオ漁
台風12号を警戒しつつのカツオ漁台風12号を警戒しつつのカツオ漁
そして今週は台風12号が接近し、東北地方の三陸沿岸を25日頃に通過していく進路予想になってきたから、きょう入港したほとんどのカツオ船は出港を見合わせて湾内にての警戒態勢をとっています 汗

先に活餌を補充しての係船でもいいのですが、いま供給されている活餌があまり強くなくって、死んでいく割合も多いとかで、台風通過までの活餌の歩留まりやその損害などを考えると、台風通過後に供給受けたほうがいいとの判断で、各船ともに水揚げが終わると速やかに内湾へと移動しての係船です。 船

普段は「揚げ出し」で陸でゆっくり過ごす時間の少ないカツオ船の乗組員にとって、台風で出漁できないこうした時はほんとに貴重なリフレッシュの時間ですね。 早くとも25日の昼以降、餌場の事情によっては26日朝の出港となる見込みの各船なので、台風への備えもしっかりとゆっくり過ごしてください いかり

まだ沖で操業中の各船も、おそらくは明日には気仙沼に入港してくるのでは。 そして遠い沖合いで台風をかわす船もあるやに聞きますので、台風の進路などには十分注意して運航してほしいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:04

削除
台風12号を警戒しつつのカツオ漁