宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年09月29日

温帯低気圧後にカツオ船の操業再開

温帯低気圧後にカツオ船の操業再開
台風12号からの温帯低気圧も過ぎ去って、さらに秋が深まってきた週明けの気仙沼です。 日中はそこそこ気温が上がるものの湿度が低いから暑さは感じられず、朝晩は冷え込むようになってきて 雪

台風を警戒して出漁を見合わせた一本釣り各船は先週末に気仙沼をいっせいに出港し、三陸沖合いの漁場でのカツオ漁を再開。 東経145度から150度までの潮目を見ながらの操業となっています クラッカー

これまで多く水揚げされてきた5㎏前後の特大や7~8㎏の特特大サイズのかつおが少なくなって、各船漁獲してきているのは1.8㎏未満の「小」が中心。 それでも1.8~2.5㎏の「中小」も1~2割程かな 親指

温帯低気圧後にカツオ船の操業再開温帯低気圧後にカツオ船の操業再開
温帯低気圧後にカツオ船の操業再開温帯低気圧後にカツオ船の操業再開
温帯低気圧後にカツオ船の操業再開温帯低気圧後にカツオ船の操業再開
「小」サイズもその目廻りがだんだん大きくなってきていて、もう少しすると中小サイズになってくるのではと思うくらい、1~2か月までのカツオのサイズ感とはかなり違ってきていて、今後に期待が持てそう icon14

昨日は83佐賀明神丸と88佐賀明神丸の二隻の入港となって、88佐賀明神丸は台風通過を沖合の漁場でかわしたこともあって、約1週間ぶりの帰港となりました。 乗組員の皆さんお疲れさまです 花丸

小さめのカツオにもだんだんと脂ののりも見られるようになってきて、やはり時期的なものなんですね。 水温も先日までの27℃前後から22℃程になって、これからの戻りガツオが楽しみになってきました icon12

今週は秋晴れの爽やかな天気が続くとの事なので、カツオ漁が順調におこなわれ、たくさんの生鮮かつおが気仙沼港に水揚げされることを期待しています。 各船ともに安全な航海でありますように! face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:07

削除
温帯低気圧後にカツオ船の操業再開