宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年10月12日

123勝栄丸がみらい造船に上架完了!

123勝栄丸がみらい造船に上架完了!
新型コロナの世界的な感染拡大がおさまらない中、航海計画の変更を快諾して頂いて臨んだミナミマグロ漁から先日気仙沼に帰ってきた勝倉漁業の第123勝栄丸。 約3か月ほどの延長となりました 花丸

昨年から続く今航海を、さらに3か月もの延長を受け入れてくれた船頭さんをはじめ日本人船員の皆さん、そしてインドネシア船員には本当に感謝ですね。 1年を超す長期航海にご苦労さまでした 船

気仙沼に帰港するとすぐに魚市場の岸壁を使わせてもらっての残餌や冷食などの陸揚げ作業に半日かかり、午後にはいったんコの字岸壁へと船をシフトしての上架待ち。 翌々日の上架に備えて 音符

ドックの都合によって、午後の時間帯での上架になり、心配された天候も曇り空ながら風もなく絶好の上架日和となって、みらい造船の前まで自走で移動して、作業艇の補助を受けながらの入渠でした 親指

みらい造船に採用されているのはシップリフト方式という上架システム。 アメリカのカリフォルニアの企業が開発したもので、世界で70か所以上の造船所で採用されている、かなり実績のあるものなんだそうで、日本企業では参入できないような特許が入っているんだとか。 国内では3か所しかありません icon12

船体がちょうどいいポジションに搭載されているか、ダイバーが水中にもぐって目視で確認しOKサインが出て、ゆっくりと船台がせりあがり30分ほどで陸上とフラットなところまできてリフトアップが完了 !

大型重機によって牽引され陸上をすすんでいく本船を関係者みんなと見守りました。 このシップリフト方式のドックだと、一日に3隻も4隻も上下架することができるからほんとうに素晴らしいですね いかり

約1週間から10日間ほどの今回の上架工事では、7年経過しての中間検査を受ける予定になっているので、甲板部の修繕打合せなどと合わせしっかりと確認しながら進めていきたいと思います。 みらい造船そして関係業者の皆さん、今回のドック工事でもお世話になりますが、引き続きよろしくお願いします face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:20

削除
123勝栄丸がみらい造船に上架完了!