宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年11月07日

安市丸が操業切り上げで帰途に

安市丸が操業切り上げで帰途に
今週に入って朝晩の気温がぐ~っと下がって、早朝の湾内では「けあらし」も見られるようになってきた気仙沼。 早朝からカメラを持って、岸壁で写真撮影する人もちらほら、この時期の風物詩ですね camera

こう寒くなってくると沖合で操業するカツオ船も、水温が低くなって回遊するカツオの群れも少なくなってきて、だんだんと終漁に向けてのカウントダウンとなってくる。 昨日までで10隻ほどが気仙沼港をあとにして南へ下げたり帰郷したりと、切り上げする船がだんだんと出てきて。 ちょっと寂しいです 船

勝倉漁業の問屋部門でも、三重県の安市丸さんが今季のカツオ漁を切り上げるということで、早朝に魚市場の岸壁に出向いて、乗組員の皆さんにご挨拶してきました。 今年も本当にお世話になりました タイ

朝6時に出港という事だったけれど、早めに出ることもあるので念のためと予定時間より30分ほど前に到着すると、乗組員全員がそろったからちょっと早いけど出港しますとの船長さんのお話しで乗組員が所定の配置について。 もやい綱がレッコされて、関係者に見送りを受けて気仙沼をあとにしました ハッピ

沖合いの漁場でカツオ漁を続けている船は20隻ほどとなった模様ですが、しけが続きナブラも少なくなった中で漁獲をのばしていくのは大変かと思いますが、関係各船には最後まで頑張ってほしいです。 今季の三陸沖操業を終えて帰途航となった安市丸の皆さん、一年間ほんとうにお疲れさまでした !

今季の一本釣り漁は、びんちょうの好漁が続いて単価高にも恵まれ各船とも大きく水揚げ高をのばしましたが、夏場以降のカツオの漁模様が低調に推移したことで各船頭さん方はとても苦労された年でした。 例年にないサイズ組成で、陸上側の魚市場買受業者も大変だったのではないでしょうか ブック

24年連続での生鮮かつお水揚量日本一は達成できたものの、今季を通じたかつおのサイズ組成や漁獲量推移をみると、かつおの資源量を含め今後に不安が残るところですが、来年に期待しましょう face02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乗組員募集のお知らせ
勝倉漁業株式会社では遠洋まぐろ延縄漁船・勝栄丸の乗組員を随時募集しています !
甲板および機関の海技士資格などをお持ちの方は、担当者までお気軽にご連絡ください 船
tel01 0226-23-8530 (漁撈部長 畠山、営業部長 勝倉知之) pc02 http://www.katsukura.co.jp/
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:04

削除
安市丸が操業切り上げで帰途に