宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2011年05月27日

近海船出漁できず

係留されている近海船

気仙沼の近海まぐろ船が出漁できずにいます

近海まぐろ船の水揚げ・運航をさえる気仙沼魚市場、陸上の加工施設、冷蔵庫、製氷工場等が津波で壊滅的な被害を受けたからです。

気仙沼はサメの水揚げが日本一で、サメの身を練製品の原料として加工したり、中華食材としてのサメヒレ加工が盛んでした。

近海まぐろ船は、メバチやメカジキなどをターゲットに漁をおこなっておりますが、漁獲量ではサメの水揚げが最も多く、その取り扱いができなくなったことにより、採算割れのリスクが増し、ほとんどの船が出漁できない状況にあります。

近海船は震災直後に続々と帰港。
以降、港に係留されたままで、現在も出漁の目処がたっていません。

 水没した気仙沼魚市場

気仙沼港の再建には、魚市場の再開は絶対条件ですが、関連業界・関連施設の復旧、漁港機能全体の復旧・復興が同時進行でおこなわれていかなければなりません。

何も無くなった気仙沼港を見渡すと、簡単ではないことがわかります。
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:11

削除
近海船出漁できず