宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2012年06月12日

気仙沼でのサメシンポ



気仙沼と世界のサメ漁業を考えるシンポジウムが開催されました。

気仙沼市や気仙沼漁協などが主催したこの会合。非常に珍しいテーマでのシンポジウムですね。日本でのサメ水揚げの約90%を占める気仙沼ならではの企画だと思います。

高級食材として知られる気仙沼ブランドの「フカヒレ」だけではなく、サメの身は練り製品の原料として、そしてサメの皮や中骨まで利用されている気仙沼の水産業や、サメ漁業の現状についての報告があり、

そして出席のパネラーからは、世界のサメ資源、サメ規制の状況、そして今後の取組むべきポイントなどについての提言があり、とても参考になる会合でした。

世界中の海に分布し、多くの種類があるサメ。 気仙沼でおこなわれているような、サメの魚体をすべて有効に利用する取組や情報発信が今後ますます重要になっていますね。

パネラーからの一言 「世の中は善意の視点だけではなく、悪意の視点もある・・」 
こういう指摘を肝に銘じながら私も日々情報発信していきたいと思います 親指
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:46

削除
気仙沼でのサメシンポ