宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2012年11月29日

最新鋭の魚市場



現在、気仙沼魚市場では岸壁や荷捌き上の嵩上げなど、震災復旧工事がすすめられています。

これからの魚市場の形ってどんなのが理想なんだろうっていう事で、先日八戸魚市場の視察会が行われましたが、肝心のところをレポートし忘れていたのでお知らせしたいと思います camera

八戸は、イカ釣り漁業と巻き網漁業が中心の港。

新設された施設には、フィッシュポンプが設置されていて、岸壁に接岸した船の魚艙から魚が吸い上げられて工場内に送られる仕組みです。魚が傷まず、水揚げも早く、最新鋭のシステムですね。



工場内も省人・省力化をとことん追求。

フィッシュポンプで吸い上げられた魚が工場内のベルトコンベアーをとおって、氷水のタンクに自動的に投入されていきます。もちろん計量もデジタルスケール。



HACCP対応の施設で、衛生的にもものすごく配慮されていますねえ。

気仙沼の魚市場を復旧させるうえで、いままでの魚市場そのままの復旧ではなくて、将来の魚市場のあるべき姿を目指して、考えていただきたいと思いました。

やっぱり、百聞は一見にしかず。 実際に見てみるもんですね face01
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:21

削除
最新鋭の魚市場