宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2012年11月30日

深刻な岸壁事情



昨年の東日本大震災によって、気仙沼港内の岸壁や桟橋等が甚大な被害を受けました。

今年の夏から始まった復旧工事によって、現在一部の岸壁が使用できなくなっていますが、工事区域の拡大によって今後さらに使用禁止場所を広げるとの発表がありました。

復旧工事に伴う使用禁止ですので、しょうがない部分もありますが、入港船の修理や出漁準備、係船などに支障の出ないように、工事日程を配慮していただきたいものですね。

港町の出港岸壁がH24年12月からH25年10月まで使用禁止になるのは痛い。
これって、縦付けができなくなるっていうことです。船をどこに係船すればいいのでしょうか?

出漁準備等で横付けするコの字岸壁は、3日間の使用制限付き。

これから新造船がたくさんできてきて、気仙沼港を賑わせてくれるはず。 だけど、新造船や被代船の接岸場所の確保にも大変になりそうな予感。

今年の盛漁期はなんとか乗り切れた気仙沼港ですが、来年はさらに岸壁事情がシビアになりそうです。 ん~、どうしましょうか? 困ったぞ
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:52

削除
深刻な岸壁事情