宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2014年09月08日

ほぼ確実!18年連続日本一


週明けの気仙沼魚市場は、ひさびさにまとまったカツオの水揚げがあって盛り上がりを見せています 船

漁場から1昼夜半の時間をかけて、14隻のカツオ船が気仙沼に入港。 三重県の安市丸さんにも20トンほどの生鮮かつおを水揚げしていただきました。 サンマ船も1隻が入港、110トンの水揚げです 親指

これまで三陸沖でカツオを巻いていた巻き網船団も、最近では気仙沼への水揚げが見られなくなりました。 カツオから黄肌そして他の魚へと漁獲する対象をかえたらしく、これ以降は一本釣り中心の水揚げとなりそうですね 音符


3年前の大震災で大きな被害を受けたものの、昨年まで17年連続生鮮かつおの水揚げ日本一を続けてきた気仙沼魚市場ですが、なんとこの8月で18年連続日本一がほぼ確実になったとの情報 クラッカー

正式には8月末集計の公式発表を待たなければなりませんが、気仙沼を基地に操業する全国のカツオ船のみなさんや関係者の努力・ご協力のおかげだと思います。 18年連続日本一って簡単に達成できるものではありませんから 花丸

それでも今年は特に漁船で使用する燃料油が高止まりしていてコストがかかり増しているうえに、漁場が近場に形成されず1昼夜半~2昼夜も船を走らせなければならないので、カツオ船の皆さんはすごく神経を使っていると思います タイ

そして、船齢が高くなっているのも懸念材料。 一日も早く気仙沼の造船団地が整備されて、FRPのカツオ船がどんどん建造されるようにしないと。 これも気仙沼の造船団地に課せられた大きな使命だと思いますね。 何はともあれ、18年連続生鮮かつお水揚げ日本一、ほぼ達成という情報に、関係者みんなで喜びたいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:48

削除
ほぼ確実!18年連続日本一