宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2014年09月23日

まぐろ需給協議会の結果


水産庁で第2回まぐろ需給協議会予測部会が先日おこなわれました タイ

7月後半から半月ほど運搬船の水揚げがない異常事態を経験しましたが、メバチと黄肌は引き続き供給量がすくなく魚価高が見込まれるとの予測が発表されました icon12

赤身系のマグロについては、中国船・台湾船を中心に休漁体制が引き続きとられることから、搬入量全体としては前期比でやや減少の見込み。 肌に感じる印象通りの結論です。 来月初めには現地視察を予定しているので、この点もしっかり見てきたいと思います camera


先週、インドネシア・バリ島に出張した折、現地の近海船がほとんどといっていいほどの隻数が出漁せずに港内に係船しているのを目にしました。 燃油高騰と円安が原因だと思いますね 船

円建てで取引されるマグロ類は、外国勢にとっては為替の影響も深刻。 台湾・中国船だけではなく、東南アジアの近海船にまで大きな影響を与えているんですね 金貨

こうした海外勢の休漁などを背景に、日本への刺身マグロの搬入は今後もタイトな状況が続きそうで価格面では強含みに推移するとの予測部会の結論。 輸入を含め好転する兆しのない搬入量だけに、これから年末に向けてのまぐろ商材確保がますます大変になってきそうな雰囲気です face01

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:40

削除
まぐろ需給協議会の結果