宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2014年09月30日

18勝栄丸が補給入港


三陸沖のカツオ漁も盛漁期を迎え、気仙沼魚市場には毎日たくさんの近海かつお船が入港していますが、今年は例年とは違って漁場が遠く、そして最近では小型のカツオの割合が多くなってきて、先の読めない展開となっています 船

そんななか、遠洋かつお一本釣り漁船の第18勝栄丸が気仙沼港に補給入港してきました。 勝栄丸は勝栄丸でも勝倉漁業の勝栄丸じゃなくって、静岡県焼津港の船会社の所有船です camera


FRP製の近海かつお船は気仙沼でも毎日目にしていますが、鋼製のそれも400トンを超える超大型のカツオ船の入港は気仙沼では珍しい光景。 日本人船員にまじって、屈強な体格をしたキリバス人船員が艫で接岸作業にあたります ちからこぶ

船頭さんに聞けば、ここにきて三陸沖の漁場はシケ続きなのだとか。 さらに、接近する台風が東側のルートを通るので、各船とも西側に漁場を移しているそうで、漁場選定が難しいと話していました 汗

遠洋かつお船が水揚げする超低温の冷凍かつおB-1は、品薄でものすごく値段が高くなっているので、なんとか三陸沖でのこの航海をいい成績で締め括っていただきたいですね。 気仙沼港への水揚げも準備万端整えてお待ちしています 音符

18勝栄丸さんの航海安全と大漁をお祈りいたします。 気を付けて頑張ってください face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:08

削除
18勝栄丸が補給入港