宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年05月26日

気仙沼内湾JVの換地案


東日本大震災から4年が経過し、気仙沼内湾地区の土地区画整理事業における換地設計(案)の個別説明会がようやくおこなわれ、会場となる内湾JVの事務所にいってきました。  内湾地区の魚町は、勝倉漁業の本社があった場所。 久しぶりに足を運んだ魚町エリアでしたが、その土地の取り扱いがどうなるのか。。。 なんて表現すればいいのか、すごく複雑な心境です ちからこぶ

内湾JVの事務所で受付を済ませて、会議室に入るとそこは小さく仕切られたいくつものブースになっていて、いくつもの地権者への換地案の説明が同時並行で行われていました camera

昨年提出したアンケートに基づきできるだけ希望に沿いう形でと、内湾JVが示していただいた換地案を初めて目にし、その場で結論を出さなければならないんだから、思わずいろんな質問をぶつけることに マイク

当初計画では平成30年度に土地区画整理事業が完了して土地の利用ができるようにと進められていますが、話を聞くとどうも大幅に遅れるようなニュアンス・・・ そりゃそうですよね、予定通りに簡単にいかないですからね。 地権者それぞれの事情があって、移転補償なども絡んでくるとなればなおさらもめるんでしょうね。 これからが大変なんだって、ほんとそう思いますよ いかり

魚町だけを見ても100名以上の地権者がいるとか。 その希望を最大限取り入れながら土地区画整理をおこなっていく皆さんはすごく大変だなあという感想。 なんとかまた素晴らしい内湾地区が一日でもはやく再生できるように頑張ってほしいと思いますね icon14

この個別説明会、審議会・仮換地指定を経て造成工事に着手。 防潮堤の整備や土地のかさ上げなど3年以上をかけて土地区画整理事業が進められていく予定なので、これから相当時間がかかりそうです face06

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:01

削除
気仙沼内湾JVの換地案