宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年07月01日

省エネ運航に向けて

省エネ運航に向けて省エネ運航に向けて
今週末、気仙沼港からインド洋の漁場に向けて出港する勝倉漁業の123勝栄丸の乗組員を対象にした、省エネ運航と製品づくりの講習会が勝倉漁業の会議室を会場に行われました 花丸

一時に比べて原油価格が大幅に下がり、円建ての燃油供給価格がある程度下がった状態の今日でも、更なる省エネは必須条件。 既存船に比べて大幅に省エネが進んだ新造船ですが、さらに省エネできるアイデアはないかと、機器メーカーと冷凍装置の専門家を招いての勉強会でした 親指

ちょっとした工夫や配慮、そして乗組員一人一人の省エネにたいする意識が、積もり積もって大きな成果を上げていくんだと思います。 2年間の経験を生かしてさらに上の今航海の目標を達成できるように、乗組員のみなさんにはご苦労おかけしますが宜しくお願いしたいと思います icon14

省エネ運航に向けて
そして、より良い製品づくりのための冷凍講習は東京・築地市場の第一水産(株)大物部が担当。 勝栄丸の漁獲物・冷凍マグロ類の販売をおこなっている荷受会社そして担当者のみなさんです。 お忙しいなか気仙沼までお越しいただいて本当にありがとうございました camera

これまでの冷凍講習ではとにかく冷やすことに重点が置かれ、どのように冷やしていくのがベストなのかという技術的な検証がされてこなかったように思えます。 そこで今回の冷凍講習では、勝栄丸独自の製品づくりマニュアルに従って、具体的な製品づくりのポイントや効率的な冷凍技術などについてもレクチャーしていただきました。 乗組員のみなさんも質問をまじえながらの真剣な講演会でした 船

もうじき始まる3年目の航海においては、今回の講習会の内容をもとに更なる省エネとより良い製品づくりに取り組んでいただきたいですね。 一見相反するようなこの二つの命題を、勝栄丸の乗組員ならクリアーできるはず。 期待を込めて見守っていきたいと思います OK

出港に向けての一連の勉強会もこれで終わり。 あとは現場での出港準備が始まります face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:03

削除
省エネ運航に向けて