宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年10月25日

CSB-6002


一昨年、勝倉漁業としては10年ぶりの新造船建造となった123勝栄丸。 そのプロジェクトへの移行のために長期係船となっていた第28勝栄丸が、このほどベトナムに向けて出港の運びとなりました タイ

平成2年1月の竣工以来、太平洋・南米沖・インド洋そして南アフリカとのプロジェクトに参加するなど、まさに世界を股にかけてマグロ漁をおこなってきた遠洋マグロ漁船。 もう建造から25年が経つんですね。

昨年半ばにベトナム向けのお話があって、外務省のODAへの協力、そしてベトナム沿岸の安全への貢献という意味合いもお聞きし、このプロジェクトにご協力しようということですすめてきた事業です camera

中古船の海外輸出に絡む諸課題そして手続きの遅れなどがあって、当初は昨年末に出港の予定がこのタイミングまで延び延びになってしまいましたが、ようやく気仙沼からの出港にこぎつけることができました。

第28勝栄丸からCSB-6002へ。 船名も新たにベトナム国旗を船尾に掲揚しての静かな船出です。 ベトナム政府の関係者、航海士や機関士など、たくさんのベトナム人がこの船の回航にかかわります icon12

出港前の岸壁では、航海機器や機関そして海図などの最終チェック。 そして燃料油や食料などの積み込みが終わって、関係者に見送られて気仙沼港をあとにする本船です。 最近は台風が立て続けに発生している海域を通過する本船なので、くれぐれも安全な航行での目的地到着を祈ります。

ようやくここまでこぎつけてホッとしたのと、一抹の寂しさが去来する胸中。 第28勝栄丸には歴代船頭さんのもと本当に活躍し貢献していただきました。 感謝の気持ちをもってスタッフと共に見送りました 船

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:46

削除
CSB-6002