宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年10月26日

カツオ船が続々終漁に


海外出張や水揚げなどのため約1か月ほど気仙沼をあけていたあいだに、三陸沖での近海かつお漁が早くも終盤戦となっていて、かつお漁をきりあげて高知や三重、宮崎などの母港へと帰っていく船がたくさん見られるようになってきました 船

盛漁期には50隻ほどが気仙沼港を基地に操業していましたが、もうすでに8割以上の船が今シーズンのかつお漁を終え、今残って操業している船は10隻を切るほどになったとの事 汗

昨年は歴史的な不漁だった三陸沖でのカツオ漁。 10月には漁が終わってしまった年でした。 今年はどうか11月まで水揚げが続きますようにとの願いもむなしく、この分だと昨年同様になってしまいそう いかり

それでも夏前の「びんちょう」の漁模様がよかったことと、高値安定だった魚価のため、そして盛漁期のかつお漁の水揚げ金額が伸びたことなどで、各漁船の水揚げ金額としては各船ともに素晴らしい成績を残した年でもありましたね。 もう少しこのカツオの水揚げが続くといいなぁって、旅先で会社からの報告などを見るにつけ思っていました pc1

でも今年もやっぱり早かった。 三陸のかつお漁の終漁が。 これって資源が少なくなっているっていう事なんでしょうかね。 2年連続での早い時期での終漁は、過去に例がないと思います タイ

先日、高知県の第83佐賀明神丸さんが、母港の黒潮町に帰港したとの連絡がありました。 今年も水揚げ金額第1位となって、それも3年連続日本一。 素晴らしい成績です。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには今年も本当にお世話になりました。 このオフの間にゆっくりと体と頭を休めていただいて、また来年もさらに活躍されますことをお祈りいたします。 ほんとうにお疲れさまでした m(__)m

まだ三陸沖に残って操業を続ける各船におかれましては、これから時化も多くなる時期でもありますから、安全第一にそして目標金額を達成できますように、頑張っていただきたいと思います face01

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:02

削除
カツオ船が続々終漁に