宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年11月16日

金沢の歴史と文化にふれて

金沢の歴史と文化にふれて
若手経営者の会で訪れた北陸金沢。 加賀百万石の城下町を彩るものといえば金箔でしょうか。 街角のいろんなオブジェや飾りつけなどにも金箔が使われていて、「金」これこそが金沢の色だっていう印象 キラキラ

そして、金沢城下にひろがる有名な東茶屋街の散策。 江戸時代の風情を残した町並、家々の軒下には格子の壁。 とっても景観に配慮してあってなんか落ち着く素晴らしい街なんですよね 花丸

その町屋を改装した店々には、おしゃれなカフェがあったり化粧品のお店があったり、金箔を使った工芸品や器のお店など。 ついつい時間を忘れて観光客気分いっぱいの時間です camera

金沢の歴史と文化にふれて金沢の歴史と文化にふれて
金箔細工体験のお店があったからみんなでチャレンジする事に。 初めて金箔の実物を見て、よくこんなにも金を薄くできるものだと、職人芸と金沢の歴史に唸るばかり。 初めての金箔細工は意外と簡単で誰でもできるものなので、皆さんも一度ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか 音符

出来上がった金箔加工を施したお箸は、お土産に持ち帰りたいと思います。 みなさんそれぞれに東茶屋街でのゆっくりとした時間を満喫したみたい。 普段なかなかこういう時間はとれないですからね 若葉

そして東茶屋街を散策していると、着物姿の女性の多さが目につきます。 聞けば着物をレンタル・着付けしてもらって、金沢の街を散策するのが流行っているのだとか。 こういう趣向もいいですね もみじ

金沢の歴史と文化にふれて
そして東茶屋街の締めくくりは、お茶屋さんの体験会。 三味線や踊り太鼓などの洗練された芸を堪能しながら会員同士の懇親を深めます。 こういう町屋やお茶屋さんの建物はかなり年期が入っているのだけれど、古く感じないのがすばらしい。 建物の維持にも相当お金を使っているのでしょうね beer

気仙沼にも昔は料亭がたくさんあって、毎晩のように宴会が催されていたものでした。 今振り返って考えれば、それが港町・気仙沼のもう一つの顔だったのかもしれません。 こういう歴史的な建造物や伝統芸能などはいったんなくなってしまうと復元・再建するのは難しいっていうのは、今はすごく感じますね 汗

しっとりとした街並み、そして輝く金箔の鮮やかさ。 金沢の町全体が一つの方向を向いて協力し合っているような印象を受けました。 美味しい魚介類だけではなく、こういう歴史と文化が金沢を奥深いものにしてくれているんだと思いますね。 金沢って初めて訪れたけど、すごく素敵な街で、移動例会の地をここにしてよかったなあと。 皆さんお疲れさまでした タイ

機会があればまたこの街を訪れて、また違う金沢の風景を切り取ってみたいですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:53

削除
金沢の歴史と文化にふれて