宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年11月23日

高雄の漁業会社へアポなし訪問

高雄の漁業会社へアポなし訪問
台湾・高雄の旅の初日。 国際漁業展開場までの時間を利用して高雄港の視察となりました。 港の奥に車を進めると、冷蔵庫が立ち並ぶ一角にとある水産会社の社屋が icon12

台湾の漁業者団体・同業公会の前理事長さんの会社だと聞いて、思い切ってアポなしで訪問する事に! 幸いにも社長さんご夫婦がおられて、私たちの突然の訪問にも快く迎えていただきました 花丸

大きな社長室に通されると、奥さん自ら台湾式のお茶のお点前。 何杯も続けていただくのが台湾式。 香りのよい「茶」を頂きながらの和気あいあいな情報交換の時間。 あ~美味し cup

高雄の漁業会社へアポなし訪問
超低温の遠洋マグロ船だけではく、とんぼ船、FRPマグロ船、海外巻き網船、そしてイカ・サンマ船と、たくさんの漁船を経営しておられます。 でもやはり乗組員不足の問題は台湾も一緒みたいですね 船

一時はブームとなったFRPマグロ船の建造も、燃油価格の下落と共に下火になってきた模様。 小さな船での操業はどうしても効率が悪くなるのと、決定的なのはスピードが出ないっていう事らしいです。 海外巻き網船はVDSによって入漁料が高騰、来年は140ドル水準が予想されているとも ドル袋

ん~、聞いているだけで大変そうですね。 経営の視野と弾力性そしてコスト追及で先を行く台湾の漁業者から直接こういうお話を聞けるとすごく勉強になります。 これだけ大きな規模の漁業会社になると、漁業っていうよりも物流企業に近いような感じがしますね。 お話し頂いてありがとうございました camera

高雄の漁業会社へアポなし訪問高雄の漁業会社へアポなし訪問
そして気が付けばお昼時となって、レストランにどうぞと案内されたのは、社屋に隣接したマグロ料理屋さん。 お昼時とあってか、たくさんのお客さんがマグロを食べに来店していました ハッピ

自社船の漁獲物を工場で加工して自社のレストランで供給しているんだとか。 高雄市内中心に展開しているお店の数はなんと18店舗もあるそうです。 すごいですねえ。 マグロのお寿司を中心に、丼物や焼き物など、価格は日本と同じくらいの感じかな。 セルフスタイルの気軽に食べれる感じのお店でした 食事

そして面白いのが、マグロの卵や内臓、ヨシキリザメの燻製。 社長の奥さんの妹さんが製造を担当しているそうで、こういうのは初めて食べたけどすごく美味しくて一緒に行った皆さんも絶賛でした 親指

突然のアポなし訪問に快く迎えて頂き、その上に美味しいマグロ料理まで振る舞っていただいて、本当に有難うございました。 漁業活動以外のこういう事業展開もすごく参考になりました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:41

削除
高雄の漁業会社へアポなし訪問