宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年02月04日

冷凍イワシの解凍検品

冷凍イワシの解凍検品
きょうは朝方またうっすらと雪が積もって、一日中肌寒い真冬らしい気候となった気仙沼です。 日本全国そうなんだろうけど、1月下旬からほんと雪が多くて困っちゃいますね icon04

出張前の準備など事務所での仕事をこなしていると、冷凍の宅急便が届きました。 そういえばいま検討中の餌のサンプルが届くんだっけって思い出して、さっそく中身を確認してみました 音符

銚子港で水揚げされたイワシをサイズ選別し、マグロ延縄漁船向けの餌としてつくられた製品です。 いままでいろんなサンプルを見てきたけれど、着払いで餌が届いたのは初めてだったので少しびっくり 汗

さっそく会社のスタッフに手伝ってもらって、解凍検品の開始です camera

冷凍イワシの解凍検品
冷凍のイワシを流水で解凍しようとしたけれど、気温が低く水道水の温度が冷たすぎてなかなか解けてくれません。 それでも根気強く数時間置いておいたらようやく1尾づつバラバラの状態になって 親指

事務所の秤を使って、一匹づつ重さを計っていきます。 気温が低いのと風が強いので寒さと闘いながらの選別作業。 会社スタッフのみなさんごくろうさま。。。 風邪ひかないようにね icon14

鮮度は申し分なし。 これならマグロもたくさん食いついてくれそうな予感がします。 マグロ船の一航海に使用する餌は、約70~80万尾ほど。 解凍検品したイワシは約10㎏でしたが、実際にはその1万倍の100トン超を準備しなければなりません。 こういう地道な作業を経て積込む餌を決めていくんです 船

着払いで届いた冷凍イワシの解凍検品作業。 スタッフの皆さんお疲れさまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 21:08

削除
冷凍イワシの解凍検品