宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年03月16日

88勝栄丸がインド洋へ出港


朝から少し風が強くてちょっと肌寒い感じの朝でしたが、だんだんと暖かくなってきて風も収まってきたころ、88勝栄丸の出港時間が近づいてきました。 インド洋の漁場に向けての船出です クラッカー

朝8時過ぎの勝倉漁業の弁天町事務所では出港前の恒例儀式。 船頭さんと共に会社の神棚に手を合わせては航海の安全と大漁をお願いします。 今航海もどうか安航で大漁でありますように 花丸


会社から船に車で移動すると、そこにはすでに大漁旗を掲揚した本船の勇姿がありました。 乗組員が遠洋航海で必要なお酒やたばこなどの免税品を積込んだり、船員さん個人の私物などを運んだりしているうちに、予定されていたご祈祷の時間が来ました。 大島神社の神主さんによる神事です タイ

操舵室の神棚に設置された祭壇の前で、祝詞奏上や玉串奉天などを終えたあと、作業甲板の玄門に「もり塩」をし、船首から船尾まで順番にお祓いしながら神事がすすみます。 こういう神事を終えると自然と気合が入ってくる、それは船頭さんも同じことだと思います。 気持ちがすっきり集中した感じがしますね 船


続々と集まってくる取引先関係者や乗組員のOBの皆さん、そしてご家族の方々など。 五色のテープと大漁小旗を手に出港時間を待ちます。 作業甲板には関係者一同集まっての乾杯です icon14

そろそろ出港の時間がきたようです。 船頭さんから出船送りに来ていただいた皆さんへのご挨拶。 「まだまだ復旧・復興途上の気仙沼市にたくさん税金を納められるように精一杯頑張ってきます」っていう頼もしいコメントが。 船頭さんのもと乗組員が一致団結し、大漁満足の航海でありますように 親指

寒い中お見送り頂いた皆さま、本当に有難うございました。 必ずや皆さんの期待に応えてくれるものと思います。 第88勝栄丸への願いを込め手を振りながら出航する本船を見送りました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:16

削除
88勝栄丸がインド洋へ出港