宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年06月15日

18勝栄丸が補給入港に


三陸沖で操業を行っているカツオ船が気仙沼港を基地に稼働し始めて、今週初めには低気圧の大時化を避けるために安全な気仙沼港にたくさんの船が避難し、港内は船のつけ場所がないほどになって 船

近海カツオ船はほとんどがFRP製の漁船だけど、遠洋カツオ船ともなると鋼製の400トン以上の大型船が主流。 焼津の水産会社が主有する18勝栄丸さんが補給のために気仙沼に入港しました クラッカー

三陸沖でカツオやビンチョウを狙っての操業をおこなっている18勝栄丸さんは、勝倉漁業と同じ名前の勝栄丸でも違う会社の持ち船。 でも、気仙沼港では勝倉漁業がすべてのお世話をしているんです 花丸

今回は低気圧を避けてと、乗組員の休養などを兼ねての補給入港。 久しぶりにお会いする船頭さんや乗組員の皆さんも変わらずお元気そうで何よりです。 入港時間はあいにくの夜で、岸壁はすでに真っ暗。 加えて雨が降りしきるなかでの接岸だったので、事故がないように細心の注意を払っての作業でした いかり

それでも入港船が混み合って船をつけるスペースが限られた中においては、船頭さんや乗組員の皆さんにも相当な気苦労をさせてしまったのではないかと思います。 こんどお会いする時には、ぜひとも気仙沼への水揚げも合わせての入港をお願いしたいですね。 それにしても無事に着岸出来てなによりです チョキ

そして翌日には補給を終えた本船は漁場に向けて再び出港となりました。 キリバス船員のパワーには脱帽です。 筋肉隆々の船員たちの力で、ビンチョウを大量に釣り上げてほしいですね。 第18勝栄丸の大漁と安航を願いながら出港を見送りました。 船頭さん、乗組員の皆さん、頑張ってきてください face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:29

削除
18勝栄丸が補給入港に