宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年09月08日

内湾地区 第2回ワークショップ

内湾地区 第2回ワークショップ
東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼の内湾地区は、これから地盤面の嵩上げや土地区画整理などの復旧事業が行われていくエリアです。 震災から5年以上がたった現在においてもまだほぼ手つかずの状態ですが、一日も早い再建に向けて、新しい街づくりへの議論がすすめられてきました タイ

理想的な内湾地区ってどんなものなのか。 公共部分の公園や歩道修景などについて話し合う第2回目のワークショップが気仙沼市のワンテン庁舎で開催され出席してきました。 前回の一回目は出張予定と重なって出席できなかったので、今回こそはとスケジュールを調整して参加する事に 音符

前回のワークショップで出された意見などをまとめた資料を基に振り返りのプレゼンテーション。 多種多様な意見をこのようにしっかりとまとめてくれるんだから、担当された市当局を中心とした皆さんご苦労様です。 コーディネーターやアドバイザーなどの仕切りで議論が順調に進んでいきました 親指

内湾地区 第2回ワークショップ
今回のテーマは、具体的な整備イメージを考えてみよう!っていうことで、3つの班に分かれて内湾地区に4カ所整備されることになっている公園の整備案についての検討から始めます。 それぞれの公園の役割をイメージしながら、市民や観光客が集い憩い楽しめる公園の姿を模索。 だんだんといい形になってきたように思います 船

そして歩道修景についての議論では、内湾地区内の歩道のタイルの色調やデザインなどについて、参加者の理想のデザインを探る話し合い。 専門家じゃないからこういうデザイン面はすごく難しいですね。 それもこの先ずっと人の目にふれ続けていくものなので、なかなかこれだっていう決定打がない。 皆さんの意見を基にしながら専門家の皆さんで理想のデザインを考えて示していただけたらと思いますね キラキラ

ぜんぶで4回の会合で取りまとめられる議論。 次回は10月末に開催予定だとか。 これから整備されていく内湾エリアが、再び人が集い賑わいのある地域になっていけばいいなあと思いますね。 その為にもこうした議論を重ねながら少しでも理想の街の姿をつくっていかなければならないのでしょう icon14

まだまだ時間のかかる内湾地区のまちづくりですが、これからも精一杯協力していきたいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:21

削除
内湾地区 第2回ワークショップ