宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年01月05日

勝倉漁業の仕事始め

勝倉漁業の仕事始め
きょう1月5日は勝倉漁業の仕事始めとなりました。 この年末年始休暇は、天候にも恵まれて穏やかな休日を過ごせたように思えます。 これから一年間、皆さまどうぞ宜しくお願い致します クラッカー

豊洲への移転問題でもめている築地市場でマグロの初セリがおこなわれて、青森県大間産の212㎏のクロマグロが7420万円で競り落とされたというニュースで今年のマグロ業界の幕が上がりました。 1㎏あたり35万円という超高値。 毎年初セリのご祝儀相場、ある意味宣伝料っていう側面もあるのでしょう icon12

昨年はクロマグロやミナミマグロなどの脂物商材の卸値が軟化し、赤身が高値水準で推移した年でした。 原油価格高騰や円安傾向の為替そして株価動向など、あらゆる経済市況にもアンテナを張り巡らせながらマグロビジネスをおこなっていかなければなりません。 良質な天然冷凍マグロをたくさんの業者の方々にも使って頂けたらと思います。 勝栄丸ブログでもどんどん情報を発信していきたいですね 船

遠洋マグロ漁業界での一番の課題はなんといっても乗組員の後継者不足。 今日の業界紙・水産経済新聞でも特集されていましたね。 勝栄丸では幹部船員の後継者を育成すべく、若者を雇用して経験を積ませ、海技資格試験にチャレンジさせるなど、徐々に若い幹部船員が増えてきました icon14

次のステップは彼らに続く世代を育てる事。 今年は新たな人材確保と育成に向けて一歩前進させる年だと思っています。 遠洋マグロ漁船・勝栄丸に乗船しマグロ漁師にチャレンジしてみたいっていう方がございましたら、勝倉漁業までご連絡頂ければと思います タイ

大西洋クロマグロやミナミマグロは資源回復がすすみ国別漁獲量が増加に転じた一方で、先日も勝栄丸ブログで話題にした日本近海などの太平洋クロマグロの資源悪化の問題は今年さらに大きく取り上げられることでしょう。 過去最低水準の資源状況に全面禁漁との声もあがる太平洋クロマグロに日本をはじめ関係国は効果的な手を打てるのか、今後のWCPFCに注目していきたいと思います 汗

仕事始めで出勤すると、この年末年始休暇のあいだも各漁場にて操業を続けている勝栄丸各船から、年賀電報や年賀メールが届いていました。 乗組員の皆さんには今年も元気に活躍され、大漁でありますように。 安全航海とロスのない操業へのサポートを陸上から全力で支援していきたいと思います。 取引先各社の皆さま方におかれましては、本年も引き続きご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:20

削除
勝倉漁業の仕事始め