宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年01月10日

気仙沼漁協の新年懇親会

気仙沼漁協の新年懇親会
新春恒例の気仙沼漁協の新年懇親会が気仙沼のホテルを会場に盛大に開催されました。 水産業界をはじめ国、県、市などの関係者約170名が出席して、新年を祝い気仙沼の地酒で乾杯です クラッカー

カツオやサンマ資源が危惧される状況の中、昨年の気仙沼の水揚げは数量で75,600トン、金額で199億3000万円となり、5年連続県内一の実績をあげました。 全国的に見ても数量で10位、金額で9位と、生鮮かつお一本釣りとサンマの水揚げが奮闘して前年を若干下回る水準と健闘 親指

ちなみに全国一の水揚げ港は、数量ベースでは銚子の275,000トンがダントツ。 金額ベースでは焼津港の465億円がトップという結果に。 焼津の水揚げ高は気仙沼の2倍以上なんですね 船

気仙沼の生鮮かつおの水揚げは、昨年20年連続日本一を達成。 震災後も途絶えずに達成できたこの記録は、全国のかつお船のご協力はもちろんの事、気仙沼の市場・水産関係者が総力を挙げて取り組んできた結果でしょうね。 さらなる大台への目標に向けて、みんなで頑張っていきたいと思います icon14

小野寺五典衆議院議員の祝辞の中で、現在わが業界で最大の課題となっている幹部船員の後継者問題への対策が現在省庁横断的に検討されていて、近々公にできるところまできたという報告がありました。 幹部船員になるのに必要な海技免状の取得へのプロセスが大幅に変更されるというもの ブック

昨年から情報を伺ってはおりましたが、国を挙げて幹部船員の育成をおこなっていくんだという意気込み、私たちが取り組んでいる後継者育成を後押しする制度改正なので、大いに期待したいです タイ

新年会会場内のテーブルを渡り歩いて、たくさんの方々と新年のご挨拶をして酒を酌み交わしながら楽しい会話をしているうちに、あっという間に時間が経ってお開きに。 新年懇親会に参加されたたくさんの皆様方には、今年も本当にお世話になります。 どうぞこの一年間宜しくお願い致します face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:20

削除
気仙沼漁協の新年懇親会