宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年01月19日

マントル沖のトロビンチョウ

マントル沖のトロビンチョウ
インド洋でのマグロ漁も終盤戦を迎え、勝栄丸各船も最後の追い込み操業中といったところでしょうか。 今週初めまではこの冬一番の寒波でしたけど、インド洋の漁場は灼熱地獄のうだるような暑さと聞きます。 その中で連日操業する乗組員の皆さんには、本当にご苦労様です 船

今年最初の勝栄丸の水揚げも予定通り清水港でおこなわれ、来月も勝栄丸のマグロの水揚げが続いていくのでその準備も怠りなくしなければなりませんね。 関係者の皆さまどうぞ宜しくお願い致します 親指

マグロの水揚げをしていたら美味しいマグロが食べたくなって、トロビンチョウのサンプルを味見してみることにしました。 超低温冷蔵庫で前もってブロック状に小分けしてあったものを解凍して。 よい鮮度の証「チジミ」のマグロでした。 メバチマグロなんかもいいけれど、トロビンチョウも美味いです 花丸

毎年4月から7月頃にかけて、日本とは真逆の冬の季節を迎える豪州西岸フリーマントル沖の漁場は、脂ののったトロビンチョウとメバチマグロの好漁場としてインド洋操業船の多くが操業するポイント icon12

一般的にはビンチョウといえば赤身とは言えない色で、味も淡泊なので、あまり評価が高くないけれど、この漁場のビンチョウは全くの別物なんですよね。 皆さんにもぜひ食べてほしいマグロです 食事

脂がのっている割にはしつこくなくて、飽きずにいくらでも食べることが出来る脂物。 家族の食卓でも大人気のマグロなんです。 刺し身の切り方が下手だからあまり美味そうに見えないかも(笑) camera

2月に帰港予定の88勝栄丸の漁艙にも、このトロビンチョウがまだ残っているから、気仙沼で水揚げする分を選別して持ってこようかとも思っています。 やっぱ美味いです、マントル沖のトロビンチョウは face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:17

削除
マントル沖のトロビンチョウ