宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年02月09日

伊勢神宮御料酒を味わって


毎年恒例となった伊勢神宮への公式参拝。 時折雪がちらつくような寒さの中、全国から神聖な伊勢の地に参集した遠洋かつお・まぐろ漁業関係者面々。 早朝からの神事もスムーズにいきました 花丸

伊勢神宮内に敷き詰められた玉砂利の上を社殿まで往復。 かなり広い敷地だから、外宮から内宮に移動しての参拝にはだいたい3時間くらいかかりましたかね。 参加された皆さまお疲れさまでした タイ

伊勢神宮の最寄り駅、近鉄宇治山田駅までは、主催者側の準備した貸し切りバスでの移動。 だけれどもせっかく伊勢神宮まできたんだから、おかげ横丁を散策してご飯でも食べましょうって 食事



鳥居からまっすぐ続く「おかげ横丁」までの道。 いろいろなお店が軒を連ねていて、赤福や伊勢うどんや練り製品やひもの店など。 店先でお味見をしながら進むと以前から気になっていた酒屋さんが camera

趣のある建物に金文字で「白鷹」の看板がど~んと。 これまで入った事はなかったけれど、中をのぞくと同業の漁業者の面々が日本酒の立ち飲みをしていたから、私もご相伴にあずかることにしました。 白鷹さんは伊勢神宮の献上酒に唯一選ばれている酒蔵さん。 伊勢神宮御料酒っていうんだそうです icon12

その白鷹さんの特別限定酒の「特別吟醸樽香」っていうお酒を、一合と五勺の二種類から。 日本酒一合の下の単位、半分が五勺っていうのを、このお店で初めて知りました。 ちょっと無知でしたね ハッピ

お店の方のお勧め通り、すっきりとした冷酒で、樽の香りがほんのりとして、とてもおいしいお酒でした。 おつまみっていうか、日本酒と一緒に出された「天然塩」がすごく合う。 酒と塩、最強のコンビです OK

伊勢神宮での公式参拝を終えてちょっとだけリラックスタイム。 美味しい地酒のお味見をして、おかげ横丁の散策に出かけようと思います。 赤福に豚捨、今回の旅でもレポートしますからお楽しみに face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:32

削除
伊勢神宮御料酒を味わって