宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年03月11日

東日本大震災から6年


きょう3月11日は私たちにとって特別な日。 東日本の沿岸を襲ったあの大津波の日からもう6年になりますね。 気仙沼をはじめ被災各地では震災の時刻に合わせて追悼式典が行われます。

震災による犠牲者は気仙沼だけでも1245名、そしていまだに行方不明となっている方が218人もおられます。 改めて、震災でお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

毎年3月11日には保存してある当日撮影した写真をみて、震災の記憶を振り返ります。 きょうはすごくいい天気の気仙沼ですが、6年前はどんよりと曇っててすごく寒かった。 津波襲来時には雪もちらついて


経験したこののないような大きな地震が長時間続き、気が付けば湾内の海水が引いていて海の底がみえるほどに。 その直後にだんだんと水かさが増し、3階の踊り場まで海水がせりあがってきて。

これはやばいと、屋上に避難して難を逃れたものの、社屋のまわりは一面の海となって。 強烈な引き波で住宅や車、ありとあらゆるものが沖合のほうへ流されて。 ほんと信じられない光景でした。

だんだんと陽が落ちてくるころには、海が燃えてきてだんだんと湾内奥深くに。 目の前で大きなマグロ船に火がついて。 地獄のような光景っていうのはこういう事なのかなって思いましたね。

勝倉漁業の社員のご家族も犠牲になった東日本大震災。 きょうは震災での犠牲者に心を寄せて、静かに過ごす日だと思います。 あれから6年が経ち少しづつ復旧・復興が進んできた気仙沼ですが、震災の傷跡はまだまだ残り、再建には相当な時間と費用がかかると思われます。

生き残った私たちが、この地域再生のために必死になって頑張っていかねばならないと思います。

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:33

削除
東日本大震災から6年