宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年04月26日

新たな衛星通信機器を導入


123勝栄丸の気仙沼からの出港が明日に迫り、先日予定通り順調におこなわれた漁具・資材や冷凍餌の積込みも完了して、作業的にはひと段落ついた本船では私物の搬入が行われています 花丸

本船はEU衛生基準に完全に対応したマグロ船として誕生し、まぐろ類の海外輸出を視野に航海をおこなっていているので、県によるEU衛生基準検査を毎年受験しなければなりません タイ

そのため、出航を目前にした日程ではありましたが、県職員による検査が行われました。 船長さんにも船に出向いてもらって、会社のスタッフとともに船内各所を案内しながらの検査対応でした 船 

いまの遠洋マグロ漁船での船舶通信は、通信衛星インマルサットを使ったシステムが主流。 電話やE-mail、Faxなど。 陸上と同じような感覚で使うことが出来るけど、通信料金がお高いのが難点。 そのインマルサットも第3世代から第4世代の衛生に切り替わりつつあり、前のタイプが使用できなくなるとの情報を受けて。 次々と新たなシステムにかわっていくから対応が大変です 汗

本船のインマルサットは最新式のFBタイプ。 バックアップ用として搭載していたFタイプでのメール通信が来年の早い時期からサービス停止になるっていうから、その代替品として「イリジウム」を新たに設置することに。 イリジウムは災害現場や山間地などでよく使われる衛星通信機器ですね PC

写真右側の大きなドームがインマルサットFBのアンテナ。 左側の小型の薄っぺらいものがイリジウム用。 大西洋操業船も含めて勝栄丸全体として、新たな通信環境を早急に整えなければなりません camera

通信機器の搭載だけではなく、メール環境やファイアーウォールの設定、ウィルス対策や通信データ量の管理など。 気仙沼だけではなく、大西洋での漁業基地・スペインのラスパルマス港でも同様の工事をおこなう事になっていて、日本から専門技師を現地に派遣して対応する予定です マイク

いよいよ明日は123勝栄丸のインド洋漁場への出港日となります。 気仙沼港町岸壁から11時に船出する予定なので、関係者の皆さま、そして勝栄丸ブログをご覧の皆さんもどうぞ宜しくお願い致します face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:38

削除
新たな衛星通信機器を導入