宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年05月04日

6年ぶりに復活!「氷の水族館」


GWでたくさんの観光客で賑わいを見せる気仙沼の海の市で、魚を氷の水槽に入れて展示する「氷の水族館」がオープンしました! 東日本大震災で被災して以来6年ぶりとなる観光スポットの復活です クラッカー

氷の水族館のテーマはずばり「三陸の海」。 以前はなかったイルミネーションとプロジェクションマッピングを導入して、光と映像の演出でさらに幻想的な世界を演出。 見ごたえ満点の施設になった模様 花丸

三陸の海に回遊する豊富なお魚たち。 カツオやスズキ、真蛸など、約40種類・600匹を光と特殊映像で彩っています。 市内の製氷会社が運営するこの氷の水族館。 以前にもまして魅力的なものになったんじゃないかなあと思いますね。 この連休中にでも家族と共に出かけてみようと思います 音符

入り口で手渡される防寒着を着用して、氷点下20度の世界に一歩足を踏みれるとそこはまさに氷の世界。 海の中を泳いでいるようなお魚たちが出迎えてくれます。 お魚を氷の中に閉じ込める技術っていうのもすごい。 規模は小さいけれど、日本で唯一のここしかない水族館と自慢できるはず 親指

震災で長期間休業となっていて、今回新たなフロアーに移転しての全く新しい氷の水族館を誕生させた運営会社や関係者のご苦労は相当なものだったんじゃないでしょうか。 ぜひ気仙沼の目玉の施設になってほしいと思いますね。 氷の水族館、復活での営業再開ほんとうにおめでとうございました ハッピ

氷の水族館の入館時間は午前9時から午後5時まで。 入館料は大人500円、小学生が300円。 GWにご家族ずれでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。 きっと違った世界が見れるはずですから face02

氷の水族館(岡本製氷)のホームページはこちら → http://www.okamotoseihyo.jp/index.html

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46

削除
6年ぶりに復活!「氷の水族館」