宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年06月02日

野菜とお酒のバル「スバル」さん


東京出張のついでに、街づくりのお勉強と情報交換をかねて、埼玉県草加駅前に今年オープンしたお店に行ってきました。 草加駅東口、旧日光街道沿いにある「野菜とお酒のバル・スバル」さんです クラッカー

水産関係の仕事をしていると草加ってなかなか行くチャンスがない街。 だけど、上野から日比谷線で30分くらいで着いちゃうんです。 勝倉漁業の株主さんと駅前で待ち合わせしてお店に向かいます タイ

気仙沼は東日本大震災で甚大な被害を受けて、沿岸部すべてを新しく造り替えるような、大規模な街づくりが進行中。 人口減少もある中で、新しい街にどうやって賑わいを取り戻すのかが課題 ブック

一方の草加市は人口が25万人もいるけれど、その多くが東京圏への通勤のため、地元商店街での消費が低迷。 市内での買い物は大型ショッピングモールやスーパーマーケットに集中し、駅前と言えども商店街はすでにシャッター街になっているんだとか。 どこの地方都市も抱える問題ですね いかり

そこで草加市は、民間主導で公民連携による「リノベーションまちづくり」っていうものを進めていて、18年前に営業を終えたお寿司屋さんの店舗をリノベーションしたバルが第1号案件として誕生。 それが今回おじゃましてきた「野菜とお酒のバル・スバル」さんです。 すごくいい取り組みだと思いますね 音符

以前はお寿司屋さんだったお店だけに、白木のカウンターはそのまま再利用。 旧日光街道沿いに面したドアをあけ放てば、すごく開放的な空間が出現する仕掛け。 自然の風もうまく取り入れられて、とても心地のいい空間がありました。 とってもオシャレでリラックスできる、毎日でも通いたくなるお店です 花丸

店名のとおり、地場のお野菜を中心にしたオリジナルメニュー。 国内産にこだわって各地から取り寄せたワイン、そしてお酒など。 ヘルシーで美味しいお料理を頂きながら、ゆっくりとお話ができて。 おすすめの白ワインもすごく美味しくって、時間を忘れてディナータイムを楽しむことが出来ました 食事

古いものを壊して新しいものを造り替えるだけではなく、リノベーションで再びよみがえらせる。 そしてまた新たな人の流れを作り出す取り組みは、地方都市の目指す方向性の一つじゃないかなあと思います。 また機会があったらぜひ立ち寄りたいですね。 野菜とお酒のバル・スバルさん、ごちそうさまでした face02

「野菜とお酒のバル・スバル」さんのホームページはこちら → http://barusubaru.jp/
お店のfacebookはこちら → https://www.facebook.com/subaru1212soka/

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:30

削除
野菜とお酒のバル「スバル」さん