宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年09月22日

123勝栄丸がBenoa入港


日本とは真逆の季節となる南半球。 日本の夏場の時期に毎年行われるのが豪州西岸沖南インド洋でのミナミマグロ漁。 今月になり、決められた漁獲枠を獲りきったマグロ船が次々と漁場をあとにし 花丸

ミナミマグロ操業後の補給のために向かうのがインド洋での漁業基地・バリ島です。 9月10日前後から毎日のように日本の遠洋まぐろ漁船がバリ島への入港が続き、いまがピークかもしれません icon14

そんなピーク時に岸壁での式典などもあったから、各社・各船ともに入港予定を調整しての対応でした。 朝8時、勝倉漁業の123勝栄丸がベノア港に無事到着。 船頭さんをはじめ日本人乗組員やベテランのインドネシア船員の元気な姿を確認しまずは一安心、ほんとうにお疲れさまでした! 親指

すでに入港していた女川の明神丸さんや宮古の清福丸さん、そして焼津港の事代丸さんなど。 一日に5隻もの入港が重なって、現地代理店のスタッフたちも一日中船や岸壁に張り付いての大忙し 船

船が入港すると燃料油や食料品などの積込み、修理や整備作業など、行なう事がたくさんあるからそれを取り仕切る代理店の皆さんは大変ですね。 私も本船のスケジュール調整に休む暇がありません ちからこぶ

こうしてたくさんの船が集まると、船頭さん方が訪船しての情報交換が始まります。 これまでの振り返りや今後の漁場選択の事。 そして様々な話題の交換など、あっという間に時間が経ちます タイ

123勝栄丸の滞在日数間となりますが、乗組員の皆さんにはできる限り体と頭を休めてゆっくりと過ごして頂けるよう、こちらでもできる限りの努力をして対応したいと思います。 暑いなか皆さんご苦労様です face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:37

削除
123勝栄丸がBenoa入港