宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年11月11日

123佐賀明神丸が今季最後のカツオ水揚げ


先月末の勝栄丸ブログで「気仙沼港のカツオ船が全船終漁に」を掲載しましたが、123佐賀明神丸がカツオを釣って気仙沼に戻ってきました! クラッカー (記事:http://shoeimaru.da-te.jp/e986118.html

とは言っても、今回が本当の今季最終航海。 南の海域で前々日に釣り上げたカツオを約600㎏ほど。 4㎏~5㎏といった大型のカツオが中心で、三陸沖のカツオとはちょっとサイズが違うけど、久しぶりのカツオの水揚げに早朝の魚市場は市場スタッフや関係者などで盛り上がりました 花丸

最終航海を終えた乗組員の顔も安堵の表情。 水揚げ用のブルータンク一つ分のカツオを水揚げした本船は、係船場所の確保のために早々に魚市場の岸壁を離岸。 もやい綱をとる作業のために、問屋スタッフも内湾に車で移動、本船を追いかけます。 気温がグーッと冷え込んで、とても寒い朝です camera


偶然にも内湾奥のコの字岸壁のスペースがが空いていたから、横付けに着岸できて。 今週は三陸沖が大時化の模様なので、ほとんどのサンマ船は港内に避難しての天候待ちでの待機中です 船

機器類や船体整備の打合せを終えると、本船の乗組員はそれぞれの故郷に帰っていきます。 あとは気仙沼の業者の皆さんが本領発揮する場面。 しっかりと工期通り進めて頂きたいと思います 親指

思いがけないタイミングでの123佐賀明神丸の入港。 そして気仙沼にとっては正真正銘の今季最後のカツオ水揚げとなりました。 先日お知らせした生鮮かつお水揚げ日本一の第83佐賀明神丸に次ぐ優秀な成績で航海を終えた本船です。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さん、本当にご苦労様でした いかり

これから生鮮カツオの各船は、ストーブリーグっていうか、来年の航海に向けての乗組員の編成がおこなわれていきますね。 とりあえず、乗組員の皆さんには、ゆっくりと休んでいただきたいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:17

削除
123佐賀明神丸が今季最後のカツオ水揚げ