宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年11月29日

南インド一番船の水揚げ


気仙沼とは違って、上着一枚少なくていいような暖かい朝。 絶好の水揚げ日和となった清水港です。 123勝栄丸がインド洋で漁獲したミナミマグロなどの水揚げが行われました クラッカー

当日は123勝栄丸に続いて、第1勝栄丸と第7勝栄丸の水揚げも予定されていたから、お昼ご飯を挟んで午後まで一日中作業が行われるので、安全長靴にヘルメット着用での完全装備で臨みます ちからこぶ

いま水産庁でおこなってるメバチマグロの科学的な調査、まぐろのDNAサンプル採取の協力依頼に快く応じて、提示された受諾書類にサインして、派遣された担当者と共に荷捌き台に上がります タイ

インド洋、大西洋、太平洋と、メバチマグロは世界中ひろい海域に生息しているけれど、その資源は混じることがないみたいで、そのDNAも違うんだとか。 こうしてDNAサンプルを採取して、そのデータベースを構築することによって、フィッシュロンダリングなどの不正を防止することに役立てる模様 ブック

今季の南インド漁場で漁獲されたミナミマグロが日本に搬入されるのは本船が最初。 一番船での水揚げですね。 今年の南インドはどういう品質のマグロなのか、取引先以外の関係者、たくさんのギャラリーが見つめる中で、素晴らしい品質のミナミマグロが次々と水揚げされて。 本当にいいマグロでした camera

これから年明けにかけて、インド洋漁場から帰航する船が続々と出てくる時期になりますが、一番船となった本船のマグロの品質や価格などをこれから帰港する後続船の参考にして頂けたら幸いです 船

半袖でもいいんじゃないかと思うような暖かい天候のもとでおこなわれた勝栄丸各船の水揚げ。 この一年間、取引先の皆さまには本当にお世話になり有難うございました。 お世話様でした。 今年の清水出張はこれが最後なので、取引先の皆さまに一年間の〆のご挨拶をして清水をあとにしました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:37

削除
南インド一番船の水揚げ