宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年12月18日

マグロを巡る国際情勢説明会


真冬のような寒い日が毎日続いている気仙沼です。 毎年恒例となっている北かつ組合の忘年会が「北かつまぐろ屋田中前店」を会場にして、たくさんのご来賓をお迎えして盛大に開催されました クラッカー

北かつ組合の亀谷組合長からは、遠洋かつお・まぐろ漁業についての今年の総括、そして来年の抱負が語られ、平成最後の年となる2018年が皆様にとって良い年となりますようにと乾杯でした beer

そして夜が明けた翌日。 日かつ漁協による今年の国際会議等を振り返っての説明会が開催されて、気仙沼魚市場の大会議室に市内のかつお・まぐろ漁業者が集まっての会合です。 魚市場の屋上駐車場は、ふきっさらしの場所なので、駐車スペースもつるつるに凍っていて、慎重に屋内に入ります 雪

先日フィリピンのマニラでおこなわれた中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)、11月にモロッコで開催された大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)、10月には私も出席したジョグジャカルタで開催されたみなみまぐろ保存委員会(CCSBT)、そしてインド洋まぐろ類委員会(IOTC)など 船

世界のマグロ資源とその利用などを協議する5つの漁業管理機関(RFMO's)の年次会合が目白押しとなった夏場以降。 政府代表や水産庁の職員そして日かつ漁協や漁業者も、その対応などで大忙しの数か月間だったのではないでしょうか。 各会合で決定された遵守事項などが翌年以降の漁業活動に直接関係するだけに、日かつ漁協からの改めての報告に漁業会社の各担当も真剣です タイ

後日また勝栄丸ブログでも書こうと思っていたこと、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の結果については、新聞等でも大きく報じられていますが、来年も引き続き注目して情報を収集していきたいと思います。 長時間にわたる説明、日かつ漁協の皆さんお疲れさまでした。 詳細な報告を聞いてすごく勉強になりました。 また来年についても、漁場確保や国際会議の対応など、どうぞ宜しくお願い致します。  face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:13

削除
マグロを巡る国際情勢説明会