宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年01月11日

123勝栄丸がバリ島を出港


インド洋での今季の操業を終えて、燃料や食料の補給などのためにバリ島ベノア港に寄港していた勝倉漁業の第123勝栄丸が、港内での全ての作業を終えて予定通り出港となりました クラッカー

今回の寄港では、インドネシア海軍のセレモニーがベノア港の岸壁でおこなわれた関係で、日本漁船による岸壁の利用ができなくて、123勝栄丸だけではなく僚船も沖の錨地泊となって 汗

燃料や食料の積込作業は沖合の錨地でも対応できるのですが、やはり岸壁に着岸したほうがより作業もスムーズに進みますから、乗組員の皆さんにはほんとうにご苦労をおかけてしてしまいました タイ

それでも現地代理店スタッフの皆さん方のご尽力によって、なんのトラブルもなく予定をこなすことができました。 お世話になりありがとうございました。 暑いなかでの連日のお仕事ご苦労さまでした 親指

バリ島ベノア港に寄港して、補給品の積込みや乗組員の短い休暇をおこなった本船です。 これから漁場をシフトして新たなチャレンジが始まりますが、船頭さんそして船員の皆さん、がんばって下さい 花丸

第123勝栄丸の後半戦のマグロ漁が始まります。 例年に比べて長い航海になってしまいますが、乗組員一人一人が健康管理に十分注意して、事故や怪我なく終えることができますように、引き続き陸上からの運航サポートをしていきたいと思います。 くれぐれも気を付けて頑張って下さい 船

気仙沼は雪がちらつく寒い日が続いているけれど、123勝栄丸が活動する漁場などは常夏・灼熱のエリア。 こう毎日寒い日が続くと、バリ島の痛いくらいの太陽光が恋しくなってきますね。 でもその中で汗を流して働いている乗組員の皆さんはたいへんなお仕事。 安航と大漁を心から願っています face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:00

削除
123勝栄丸がバリ島を出港