宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年01月20日

88勝栄丸のマグロ水揚げ


小春日和のようないい天気に恵まれた静岡県清水港です。 遠洋マグロ漁船の水揚げ基地であるここ清水港には、マグロ専門商社の超低温冷蔵庫群が立ち並び、まさにマグロの街というところですね 船

インド洋での今季のマグロ漁を終えてバリ島を経由して日本に帰ってきた勝倉漁業の88勝栄丸が入港し、早朝からのマグロの水揚げとなりました。 朝7時半、江尻埠頭にはたくさんの保冷車が並びます 花丸

本船の漁獲物の中には資源管理をしっかりとおこなっているミナミマグロも含まれているから、水産庁清水駐在官事務所の職員の方々も、ミナミマグロの水揚げの立ち会いにきていて。 ご苦労様です タイ

豪州西岸沖合でおこなわれるミナミマグロ漁は、日本と真逆の季節である8月から9月にかけての冬場がシーズン。 日本全国からたくさんの遠洋まぐろ延縄漁船が良質なマグロを狙って漁場へとくりだす icon12

その旬のミナミマグロは丸々と太っていて、脂のりもバツグンなんです。 そして私が大好きなのは、ミナミマグロの赤身ですかね。 他のマグロも種類がある中で、皆さんにもおすすめのマグロです 食事

朝7時半から開始された88勝栄丸のマグロの水揚げ。 昼食をはさんで3時くらいまでかかってすべて終了となって。 暖かい清水港とは言っても、岸壁はやはりちょっと肌寒い。 そんな中での立ちっぱなしでの水揚げ作業でした。 取引先関係者の皆さま、今回も本当にお世話になりありがとうございました camera

水揚基地の清水港でのマグロの水揚げを終えた本船は、清水港を離れて母港の気仙沼を目指しての廻航となりました。 あす21日(日)の午前8時くらいには気仙沼港のコの字岸壁に到着予定なので、気仙沼の取引先業者の皆さま、そして乗組員のご家族の皆様方にはどうぞ宜しくお願い致します face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:20

削除
88勝栄丸のマグロ水揚げ