宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年01月25日

木戸浦造船での船底確認


今週はじめに大荒れの天気となった気仙沼です。 月曜日の夕方から一気に降り積もった雪が市内全域を真っ白い景色に一変させてしまいました。 15cmは降ったでしょうか。 気仙沼では珍しいです 雪

インド洋でのマグロ漁から気仙沼に帰港した勝倉漁業の88勝栄丸。 もうすぐ「みらい造船」という新しい会社が立ち上がる木戸浦造船さんに上架しての船体塗装や整備工事です。 88勝栄丸は新体制でのスタートを切るので、船頭さんや幹部船員の皆さんをまじえての現場での打合せでした タイ

前日の上架は夜にかかっての作業だったので、船底などの確認は翌日に繰り越されて。 船首から船尾まで、ひとつひとつのポイントを皆で確認していきます。 船底の状態も至極良好でした 花丸


木戸浦造船から対岸側を見渡すと雪をかぶった安波山が見えて、そして昨年末から係船体制に入ったサンマ棒受け網漁船がずらりと並んでいます。 今年のさんまシーズンまでここでお休みですかね camera

今航海の予定からの塗料の発注量を決めたり、亜鉛板の交換の指示や、修理箇所の確認・発注。 今回はペンドックという事もあって、それほど時間を要す工事はないから、一週間ほどで下架予定 icon12

できるだけ早い出漁を希望する本船なので、予定通りに工事が終えるように業者の皆さんには忙しい思いをおかけするかと思いますが、しっかりとした対応をお願いしたいと思います いかり

雪の次は強烈な寒波が襲来した気仙沼港。 いったん雪解けしたものが凍って、日陰などはとても危険な状態。 車の運転やドックでの作業などでは、十分に注意して事故や怪我のないようにお願いします face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:12

削除
木戸浦造船での船底確認