宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年03月15日

水揚高日本一5連覇記念インタビュー


今年1月下旬から高知や三重・宮崎などのかつお船の母港から出港して順次操業体制に入った近海かつお船は、千葉県勝浦港を主な水揚げ基地として航海を繰り返し、二カ月ほどが経過しました 音符

勝浦港から聞こえてくる入港船情報や市況データなどに目を通しながら、各船の漁模様などに一喜一憂しながら見守る日々。 近海かつお船の皆さんには、安全な航海で大漁であることを願います 船

高知県黒潮町を拠点に、近海かつお船の運航や藁焼き鰹たたきの加工販売事業、そして飲食店の展開など、カツオを軸に幅広く事業展開している明神水産は、勝倉漁業と長年にわたりお付き合いいただいている会社。 気仙沼港では佐賀明神丸各船や乗組員の皆さんに大変お世話になっています タイ

明神水産が所有する第83佐賀明神丸が、全国の近海かつお一本釣り漁船の中で5年連続日本一の水揚げ高を記録したというニュースは、勝栄丸ブログでも昨年お伝えしたと思います。 ほんとうに素晴らしい成績ですね。 今年も順調な航海を繰り返して、水揚げ金額をのばしてきている事でしょう 花丸

その83佐賀明神丸の明神学武船頭さんの5連覇記念インタビューを掲載したリーフレットが会社に届き、社員みんなで回覧して拝見しました。 船頭さんのいつものにこやかな表情がすごくいい camera

過去には明神水産現社長である明神正一船頭さんが平成12~15年に記録した4連覇がこれまでの最高でしたが、その記録を超えたことになる。 僚船とともに、記録更新に競い合ってほしいですね 花丸

今年気仙沼は22年連続水揚げ水揚げ日本一を目指す年。 震災直後でも途切れなかったこの記録は、こうした全国のかつお船の皆さんのご協力のおかげ。 気仙沼で各船の来港を待ちたいと思いますface02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:54

削除
水揚高日本一5連覇記念インタビュー