宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年03月23日

清水港で天然まぐろ丼ランチ


インド洋漁場へと出港するマグロ船の出船が続いている気仙沼を離れ、遠洋マグロ漁船の水揚げ基地となっている静岡県清水港にやってきました。 温暖な清水港もこの日は真冬の寒さでした 雪

清水に来る途中、東京で東海道新幹線に乗り換えの時には雪もちらついていたから、三寒四温じゃないけれど春を間近にしての最後の寒気なのでしょうね。 週末の暖かさに期待したいです 音符

今回の清水出張は、勝栄丸が北大西洋で漁獲したクロマグロなどの水揚げ。 厳格な資源管理が功を奏し、その資源量が劇的に回復して、各国への漁獲割当量もどんどん増えていく魚種 船

40隻ほどの日本漁船が、毎年10月を中心に操業しては、冷凍マグロを専門に輸送する冷凍運搬船やコンテナ、時には本船で日本に運んでくる。 今期の締め括りとなる重要なマグロの取引です タイ

水揚げ前の値段交渉。 その前に、いつものルーティンのまぐろを食べる事を忘れずに、清水港の河岸の市・まぐろ館でのお昼ご飯です。 もちろんまぐろ丼を注文。 今回は気合入れて特上にしました camera

いつも食べているまぐろ丼はどんぶりによそってあるのが普通だけれど、特上のまぐろ丼は平皿によそってある。 まぐろ丼って平皿よりもどんぶりによそってあった方が食べやすいよね、なんて言いながら、すべて天然まぐろを使ったまぐろ丼を堪能。 美味しいマグロ丼ランチ、ごちそうさまでした 食事

今期最後となる重要なマグロの取引。 まぐろ丼を食べて気合を入れて値決めに臨みたいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:10

削除
清水港で天然まぐろ丼ランチ