宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年04月06日

まぐろ延縄漁業のカイゼン検討会


気仙沼で昨年からおこなわれている「まぐろ延縄漁業生産性向上カイゼン検討会」の会合が気仙沼魚市場の会議室でおこなわれました。 一年間の活動を総括して、活動二年目の開始会合です クラッカー

まぐろ延縄漁船の現場作業を見直すカイゼン活動を通じて、事故のない安全性の高い操業を目指すとともに、労働環境改善や生産性向上に取組むことで次世代に繋がるまぐろ延縄漁業の新たな形を見出していくというもの。 大手自動車会社のサポートを受けながら進められているんです タイ

これまでの活動の振り返りとともに、これから一年間に取組んでいくテーマを絞り込む協議。 気仙沼市や日かつ漁協そして気仙沼の漁業者などが出席し、2時間にわたり真剣な議論がおこなわれました マイク

勝栄丸がすすめてきた新船建造プロジェクトなどすでに事業承認となった建造計画の他に、新たに同一の船型や仕様で建造コストを抑えながら、複数隻を建造していこうという計画もあって、報道によるとその数は20隻ほどになるのだとか。 全国的にみると漁船の老朽化対策も待ったなしですからね 船

これまで様々なアイデアをもとに、いろいろなメニューを取り入れて遠洋マグロ漁船が建造されてきましたが、その中でも将来的に引き継ぐべきいいアイデアはどんどん活用してもらいたいですね icon14

気仙沼でおこなっているカイゼン検討会ではこれまでの議論をこれから実際に形として表に出していく段階。 今後の建造計画や既存船に、このカイゼン検討会での成果も活用され、将来に向けて一歩も二歩もすすんだ形の漁業に進化していく事がベスト。 その為には私たちも真剣に取り組まないと 親指

気仙沼市長さんはじめ市職員の皆さん、日かつ漁協と開発会社の方々、そして気仙沼のまぐろ漁業関係者の皆さん、カイゼン検討会での議論おつかれさまでした。 次回また宜しくお願いします 音符

今日の勝栄丸ブログでは取引先の方から頂いた写真を掲載させて頂きました。 珍しいアングルからのすごくいい一枚だと思います。 これからこのような新造船がどんどん建造されていくといいですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:51

削除
まぐろ延縄漁業のカイゼン検討会