宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年04月14日

清水・末廣鮨のちらし寿司(上)


東京ビックサイトでおこなわれているSeaJapan2018で、海事産業の最新技術などにふれて、さまざまなブースでの情報交換でたくさん勉強したあと、冷凍マグロの水揚げ基地・清水港に移動です 音符

新年度になって最初の冷凍マグロの水揚げ。 インド洋で操業する123勝栄丸が昨年末までに漁獲したメバチマグロなどを運搬船に転載して清水港に搬入。 水揚前におこなわれる価格交渉・値決めに臨む準備として、築地市場の荷受会社・第一水産の部長さんなどと綿密な打ち合わせをおこないました タイ

昨年は一年間を通じて比較的赤身相場が高値で推移し、相場の大きな波もなかったけれど、今年はどういった展開になるのか感触を探りながらの新年度のスタート。 精一杯頑張っていきたいと思います 船

値決めの前にはマグロを食す。 清水に来た時のいつものルーティン。 第一水産の部長さんが気をきかせて、清水の名店・末廣鮨のちらし寿司の(上)の出前をとって用意していてくださいました 食事

これまで食べていたのは1000円のちらし。 初めて食べた上ちらしは、赤身のまぐろがトロにかわっていかにも豪華な印象。 ミナミマグロのトロの甘さが最高に美味いちらし寿司でした。 末廣鮨のちらしは何度食べても美味い。 今回のちらしは1800円だっていうけど、これからはこれがいいですね 食事

部長さんと一緒に末廣鮨のちらしでお昼ご飯をすませて、午後に予定されている価格交渉・値決めに臨みます。 厳しい攻防になるかと思いますが、お互いに納得できる値段で決めたいものですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:06

削除
清水・末廣鮨のちらし寿司(上)