宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年05月20日

竣工直前の第38正進丸を視察


気仙沼から約5時間半。 一ノ関駅から東北新幹線で大宮、上越新幹線に乗り換えて新潟へ。 これから建造をおこなう新船の打合せなどのため、数ヶ月ぶりに新潟への出張となりました クラッカー

いま新潟造船では八戸船籍の第38正進丸さんの建造が最終段階。 今月末の引き渡しを前に、完成前の新船をゆっくりと視察できるのはこのタイミングを逃すともうないとのお話を受けてのもの 花丸

造船工場に到着すると、社長さんをはじめ、担当の設計部や工作部の方々が勢揃いでのお出迎え。 営業担当者も東京から出張での対応を頂きまして、本当にありがたいですね。 恐縮してしまいます タイ

作業服に着替えて、ヘルメットと安全靴を装着し、さっそく艤装岸壁の本船に。 38正進丸さんの特徴的な設備といえば、漁船同士で転載できるようにと設置されたブーム、船の見た目からして違います camera

艤装担当者の説明を受けながら外回りから各所を視察。 基本的には勝倉漁業の123勝栄丸の仕様を引き継いでいるとはいえ、船主さんや乗組員の要望工事が各所に見受けられてすごく参考になる icon14

今回視察させて頂いたことについて会社内や乗組員とも情報を共有・確認しながらこれからの詳細な仕様打ち合わせに活かし、より良い遠洋まぐろ船の新船建造に繋げていきたいと思います ブック

第38正進丸さんは5月末の引き渡し、6月4日に新潟を出港し八戸港へ廻航。 そして7日には新造船のお披露目式も予定されているとの事です。 新造船の完成、本当におめでとうございます。 正進丸さんの次には勝栄丸が建造開始される新潟造船での視察、造船所の皆さん今回もお世話様でした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:19

削除
竣工直前の第38正進丸を視察